高さを最大8階としたのは、経済的だからだ。開発に協力する東京大学の稲山正弘教授は「一般流通している木材と金物、プレカット技術、既存の認定工法、許容応力度等計算で設計・施工できる」と話す。

 受注に向けた準備は着々と進行中だ。まず、営業活動に用いる純木造5階建てのモデルビルを、22年夏ごろに完成させる予定だ。続いて22年に純木造8階建て本社ビルの工事を始め、24年完成を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1319文字 / 全文2567文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。