介護の現場にもデジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せている。高齢者の体調など様々なデータを集約し、人員配置の適正化や介護の「質」の向上につなげる狙いだ。センサー機能を持つベッドなど、データの取得・解析のための新たな機器やツールの開発も進んでいる。

SOMPOケアの都内の介護施設
SOMPOケアの都内の介護施設

 「Aさん、トイレに行く時間帯が前と違いますね。回数も増えているようですし」「では明日からスケジュールを調整しましょう」──。

 SOMPOホールディングス傘下で介護を手掛けるSOMPOケア(東京・品川)の施設で働く従業員の間で、最近よく交わされるようになったやり取りだ。入居者の体調に合わせて、日々の介護計画や人員配置を修正し適正化していく。

 何の変哲もない作業に思えるかもしれないが、実はこれは大きな変化なのだという。以前であれば「見直しに3~4日はかかっていた」(SOMPOケアそんぽの家 はるひ野の古澤隆ホーム長)。

 なぜか。従来の介護施設運営は、基本的に全て紙ベースの情報管理が一般的だった。着替えやトイレ、食事、入浴、運動といった介護を何時に誰が担当したか、入居者1人について1日分をA4サイズの用紙1枚にまとめて記録するやり方だ。これだとトイレの時間や回数などの細かい変化は、紙をめくって確認すれば不可能ではないが、手間がかかり毎日はできない。

 介護を担う担当者は同一人物が24時間稼働できるわけではなく、シフトを組んで業務を行う。引き継ぎや申し送りをきめ細かくフォローする余裕も乏しくなりがちだ。「1日当たり1~2回のわずかな変化の場合、従業員としても言い出しにくい。入居者ご本人に意見を聞くにも限界がある」(古澤氏)

離職率の低下にも効果

[画像のクリックで拡大表示]

 SOMPOケアでは、これをデータ化で解決しつつある。あらかじめ定めた介護計画や業務フローを電子化し、従業員に貸与されたスマートフォンのアプリ上でアクセスできるようにした。介助が終わるたびに従業員はスマホを操作し、数タップで「済」を入力。もともとの計画にない臨機応変な対応も書き込める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2226文字 / 全文3097文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。