多種かつ多数の重機を自律運転で動かして大型の土木構造物を建設する──。「A4CSEL(クワッドアクセル)」は鹿島が生み出した自動化機械で工事現場を切り回す建設生産システムだ。秋田県の成瀬ダムの現場から類例のない技術の裏側に迫った。

(写真=鹿島提供)
(写真=鹿島提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 ギュルギュルギュル。現地で得られる石や砂れきとセメント、水を混合した「CSG」と呼ばれる材料を荷下ろししたダンプが去ると、待っていましたとばかりに無人のブルドーザーが動き出す。空っぽの操縦席の上では、「自動運転中」であることを示す青い回転灯が光っている。

 ここは鹿島・前田建設工業・竹中土木JVが秋田県東成瀬村で施工中の成瀬ダムの堤体上。鹿島がクワッドアクセルを全面的に導入し、堤体の打設面積の最大94%で自動化施工を進める。同時に稼働させる自動化重機の数は最大で23台。ピーク時には月間30万m3ものCSG材を打設する世界最先端の工事現場だ。

位置図
位置図
[画像のクリックで拡大表示]

作業の完了時刻も把握

 ブルドーザーから数m後方に目を向けると、同じく青い回転灯を付けた数台の振動ローラーが真っすぐ走行する。振動ローラーが走行した後の地面は濃い茶褐色から薄い黄土色へと姿を変えていく。ブルドーザーがまき出した直後のCSG材に足を踏み入れると、くるぶしまで埋まる。それが振動ローラーによって平らに締め固められていく。圧倒的なスケールに息をのむ。

 時折、ブルドーザーや振動ローラーの車間が縮んでヒヤリと感じるが、堤体上で気にかける人はいない。

 施工現場全体を統括する鹿島JVの奈須野恭伸所長は「これだけ近くに集まっている重機を人に運転させる方がむしろ不安だ」と話す。確かにバックで走行する際に、人がうっかり後方確認を怠って衝突事故を起こす心配はない。1台1台を人が遠隔で操縦するのでもない。重機同士が自動で一定の距離を保っているのだ。

 安全の秘密は、現場を見下ろす高台の上からクワッドアクセルで動く重機を管理する「管制室」にある。

 建設中のダム現場を見下ろす管制室の内部は、一般的な工事事務所とは全く違った雰囲気だ。フロアには観葉植物が置かれ、緑を基調とした内装と調和している。部屋の一角には掃除ロボットやエスプレッソマシンがある。まるでスタートアップ企業の執務空間を思わせる。

次ページ 「ITパイロット」が管制