スーパー台風や巨大地震が毎年のように襲来する中、災害後も自宅で暮らせる「在宅避難」の関心が高まっている。洪水でも浸水しにくく、浸水後も復旧しやすい住宅づくりが進む。同時に災害時にライフラインが停止しても暮らしを継続できる工夫を凝らした住宅も出てきている。

ミツヤジーホームの「耐水害住宅」
<span class="fontSizeL">ミツヤジーホームの「耐水害住宅」</span>
開口部に止水対策を施した実験棟内に、深さ3mまで水を入れて、開口部からの漏水の有無や量を調べている様子(写真提供=信州大学工学部遠藤洋平研究室)

 水深3mの洪水が発生しても住み続けられる──。地場工務店のミツヤジーホーム(長野市)は2019年の台風19号で長野市内の住宅が深刻な浸水被害に遭ったのをきっかけに、「耐水害住宅」の開発に取り組んでいる。21年3月には信州大学工学部建築学科の遠藤洋平助教と共同で、耐水害住宅の開口部の止水性能を検証する実験を公開で開催した。同社の安江高治会長は「実用化できる止水性能のレベルに達した」と実験を総括した。

 耐水害住宅は1階が鉄筋コンクリート(RC)造りで2階が木造の混構造を採用する。実験では建物の内部を屋外に見立てた高さ3.5mの実験棟を用意。RC造りの躯体(くたい)に取り付けた開口部に止水対策を施し、水深3mまで水をためて開口部からの漏水の有無や量を確認する。遠藤助教は「建物の外側に浸水深3mの動かない“静水”がある状態と同じ水圧を再現できる」と説明する。

公開実験での玄関ドア
<span class="fontSizeL">公開実験での玄関ドア</span>
玄関ドアから漏れた水量は毎時40リットルだった。実用化する耐水害住宅では、玄関の土間に設けた排水ガラリを経由して地下ピットにためる

 住宅が浸水すると水圧が作用し、部材の変形による隙間が生じて水が漏れ出す。水圧は、受ける面積と水深に比例して大きくなる。耐水害住宅の開口部で水圧が最も大きいのは、面積が広くて地盤面に近い玄関ドアだ。ミツヤジーホームは様々な止水方法の効果を検証。開発した止水方法を特許申請中だ。玄関ドアでは枠の変形を抑える「耐圧補強枠」や、扉と枠を密着させる「引き寄せ金具」などを追加。事前実験で、扉本体を構成する鋼板の継ぎ目などから水が入ることが分かったので、扉を組み立て直し、継ぎ目を防水テープでカバーした。

主要な住宅設備は2階に
<span class="fontSizeL">主要な住宅設備は2階に</span>
耐水害住宅のモデルプランの断面パース。2階にキッチン、トイレ、浴室、分電盤、冷暖房設備などを配置する(写真提供=ミツヤジーホーム)

 止水対策を追加しても完全に水をくい止めるのは困難なため、漏れ出した水を地下ピットに流せるようにした。窓では枠の補強に加え、枠まわりの止水対策も強化。窓は腰高の縦滑りとはめ殺しに限定した。サッシに組み合わせるガラスは、水圧や漂流物で割れるリスクを軽減するため、フィルムを挟んだ複層合わせガラスとした。

 開口部の止水工事とセットで欠かせないのが浮力対策工事だ。屋内の浸水深が屋外よりも小さいと、建物に浮力が生じるからだ。耐水害住宅では1階をRC造りとしたうえ、ベタ基礎内に砕石による重しを敷いて、浮力を上回る建物荷重を確保する。

続きを読む 2/3 浸水後に「洗える家」
日経ビジネス2021年8月23日号 70~72ページより目次

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。