超高齢社会を迎えた日本で、在宅医療の普及を後押しする製品やサービスが増えている。エコーやX線の診断機器は小型で高精細に進化。オンライン診療にはケーブルテレビを活用する動きも。コロナ下で在宅医療の必要性は高まっている。患者にも医師にもやさしい製品やサービスが求められそうだ。

 「おなかがちょっと腫れていますね」。5月、在宅医療ネットワークの医療法人社団、悠翔会(東京・港)に、盲腸の手術経験のある男性(89)のおなかが腫れているとの連絡があった。

 駆け付けた医師が診ると、盲腸の手術後に患部をかいたことによる炎症と思われた。だが念のために超音波診断装置(エコー)を当ててみると、悪性腫瘍が増殖し、皮膚に炎症をおこしていたことがわかった。

 この医療法人が活用するのが、ポータブルタイプのエコーだ。「エコーで真の診断に近づけた」と悠翔会の佐々木淳理事長は話す。通常なら抗生物質を出して様子を見るなどの措置が取られるが、エコーでいち早く異変に気付けたという。

スマホ活用、遠隔地と画面共有

 悠翔会は首都圏と沖縄県で合わせて約6000の在宅患者を抱え、救急車のように24時間対応している。年間の緊急往診は7000件超。こうした患者の日々の診断や健康管理に、小型のエコーは必須になりつつあるという。

 悠翔会でも活用するのがGEヘルスケア・ジャパン(東京都日野市)の小型エコーだ。同社は6月下旬、聴診器のように持ち運べるポケットサイズのエコーの新モデル「Vscan Air(ヴィースキャン エアー)」を発売した。患部に本体を当てると、専用のアプリケーションをダウンロードしたスマートフォンやタブレットで、無線を通じてエコーの画像を確認できる。スマホ経由で別の場所にいる医師と画像などを共有し、相談することも可能だ。

スマホを活用することで利便性と携帯性が向上
●GEヘルスケアの小型エコー
<span class="fontSizeL">スマホを活用することで利便性と携帯性が向上</span><br> <span class="fontSizeM">●GEヘルスケアの小型エコー</span>
最新モデル「Vscan Air(ヴィースキャン エアー)」(右)。2010年以降発売してきた従来型製品(上)と比べ、スマートフォンと組み合わせることで小型軽量化し利便性が向上した。ワイヤレス充電のためすぐに持ち出せる

 新モデルではセンサーの駆動素子数を従来の2倍にすることで、スマホなどで表示する画質を大幅に向上。深い部位、浅い部位両方を検査しやすいようセンサーを上下に2つ備え、素早く様々な部位をスキャンできるようにした。深いところは腹部や肺、胎児。浅いところでは血管、乳腺などを明瞭にスキャンできるという。

 「どんどん使ってみたくなる製品を目指している」とGEヘルスケア超音波本部プライマリケア部の阿木宣親部長は話す。同社は2010年に持ち運びできる同シリーズの初代を発売。従来は専用端末と「プローブ」と呼ぶ検査端末を組み合わせていたが、今回はスマホと組み合わせることでより使いやすくした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2406文字 / 全文3470文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。