電動油圧ブレーキはエンジン車には必須でなく、コストは現行システムの数倍もかかる。それでも自動車メーカーが積極採用を始めた。現状の搭載率は10%ほどだが、2030年には50%まで高まりそうだ。

自動ブレーキ性能を高めるために電動油圧ブレーキを採用
スバルの新型「レヴォーグ」は、交差点での自動ブレーキ性能を向上させた。新型のステレオカメラを導入すると同時に、ブレーキシステムも刷新した(写真=スバル提供)

 「電動油圧ブレーキの有無で、制動能力は大きく変わる。特に、交差点での飛び出しなど、シビアなシーンでの違いがはっきり出てくる」。SUBARU(スバル)で先進運転支援システム(ADAS)「アイサイト」の開発責任者を務める柴田英司氏(同社第一技術本部自動運転PGMゼネラルマネージャー兼先進安全設計部担当部長)は力を込める。同社が2020年11月末発売の新型「レヴォーグ」から導入した「新世代アイサイト」。ステレオカメラの刷新に注目が集まるが、実はADASの性能を引き上げるためブレーキ部品にも手を入れた。それが、スバルとしては初採用の電動油圧ブレーキである。エンジン車では必須でない高コストな部品を搭載したのは、従来のブレーキシステムが「反応速度や制動力の点で限界を迎えつつあった」(同社シャシー設計部主査の佐藤司氏)ためだ。

 普及価格帯のガソリン車に電動油圧ブレーキを搭載する動きは他にもある。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は、19年10月に発売した8代目の「ゴルフ」で電動油圧ブレーキを全面採用した。7代目ゴルフでもハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)のモデルではブレーキを電動化していたが、今回ガソリン車まで適用範囲を広げた。

新型「ゴルフ」は幅広いパワートレーンのブレーキ部品を共通化
フォルクスワーゲン(VW)は48V簡易HEVやプラグインハイブリッド車(PHEV)を含め、電動油圧ブレーキを搭載した。画像は新型ゴルフのガソリンエンジン仕様車の部品構成を示したもの(画像=フォルクスワーゲン提供)

30年には年6000万個市場に

 電動油圧ブレーキは、内蔵するモーターでブレーキのマスターシリンダーを押し、油圧を制御するもの。負圧(エンジンで空気を吸い込む力)を発生させるエンジン自体がないEVや負圧を確保しにくいHEVなどでは一般的だが、エンジン車は、エンジンの吸気負圧を利用する真空ブースターを使うことがほとんど。自動車市場全体でみれば電動油圧ブレーキの搭載率は10%程度と低い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1868文字 / 全文2691文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。