食品スーパー、飲食店、冷凍食品……。大豆などを活用した「植物肉」の流通が急速に広がっている。背後にいるのは、急成長中の植物肉スタートアップ。資金調達が進み、世界を目指す有望株が現れた。米国のビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズなど、先行する海外勢との差を埋められるか。

 精肉コーナーにずらりと並んだ“ミンチ肉”。よく見ると、肉のようで、肉ではない。商品名は「大豆からつくったミンチ」。正体は、大豆由来の植物肉だ。

 2021年3月、イオンが1都3県の一部店舗で販売を開始。翌4月にはライフコーポレーションも「発芽豆からつくったおにく」シリーズと銘打ち、首都圏のライフ全店舗で、春巻き、ギョーザ、メンチカツなどを発売した。焼くだけ、揚げるだけでおかずになる。

 両社には共通点がある。DAIZ(ダイズ、熊本市)という植物肉スタートアップが開発した「ミラクルミート」を使っているのだ。ミラクルというだけあって、さまざまな“肉”に化ける魔法の食材。フレッシュネスバーガーは、ミラクルミートで大豆パテを作り、低糖質バンズで挟んだ「THE GOOD BURGER(ザ・グッドバーガー)」を20年9月に発売。ニチレイフーズは21年3月、冷凍食品「大豆ミートのハンバーグ」を商品化した。

 DAIZは、ニチレイフーズや味の素、丸紅、ENEOSホールディングスなどから総額30億円を超える資金調達に成功している。なぜか。技術力と将来性が買われているからだ。

30億円超の資金調達に成功
●DAIZ(熊本市)の技術と事業の概要
<span class="fontSizeL">30億円超の資金調達に成功</span><br />●DAIZ(熊本市)の技術と事業の概要
[画像のクリックで拡大表示]

原料は、発芽した大豆

[画像のクリックで拡大表示]

 国連の推計によると、世界の人口は50年にも100億人近くに達する見通し。人口拡大に伴って食糧危機は深刻になる。牛肉や豚肉、鶏肉に代わる第4のたんぱく源として期待されているのが、大豆などから作った植物肉だ。しかし、普及に向けては課題も多かった。

 従来の植物肉は脱脂大豆、つまり油を搾った後の残りかすを原料にしてきた。そのため大豆特有の青臭さや油臭さが消えず、味や食感も肉そのものとは言い難かった。栄養価も肉と比べて見劣りしていた。DAIZは、独自の製法で、これらの問題点を解消した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2330文字 / 全文3216文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。