原発「廃炉メカ」 極限下の作業支える装置開発

ロボットアーム

全長約22m、幅約25×縦約40cm、質量約4.6トン、自由度18軸。2号機デブリの試験的な取り出しに使う(写真=国際廃炉研究開発機構・三菱重工業・英ヴェオリア・ニュークリア・ソリューションズ提供)
閉じる