DX(デジタルトランスフォーメーション)の波が製造業にも及んできた。多くの現場で障害になっているのが古参の製造機械の数々だ。こうした機器にデジタル管理を導入する手法が「レトロフィットIoT」だ。

OKIサーキットテクノロジー
山形県鶴岡市の本社・工場で2020年度から工場の完全自動化プロジェクトを本格的に開始

 プリント配線板(PCB)を手掛けるOKIサーキットテクノロジー(山形県鶴岡市)は2020年度から工場の完全自動化プロジェクトを本格的に開始した。第1段階で、20年以上稼働しているアナログ設備をネットワークに接続し、デジタルデータでの生産条件の設定や品質記録の取得を可能にする、いわゆるレトロフィットIoT(モノのインターネット)を成功させた。同社は1カ月に3500種類のPCBを作り分ける高度な多品種少量生産を手掛けており、ひんぱんな段取り替えが工場自動化の大きなハードルになっていた。

段取り替えを自動化する

 PCBは製造工程を個別に見れば、自動化装置を利用可能な場合が多い。穴開けや、回路パターンを作り込むフォトエッチングの工程などには専用の自動化装置を使う。さらにこういった装置間の仕掛かり品の受け渡しにロボットを使ったり、コンベヤーで直結したりすれば、リードタイムの短縮や人員の削減といった効果を得られる。

OKIサーキットテクノロジーの製品の位置付け
印は競合のPCBメーカー7社のポジションを示す。OKIサーキットテクノロジーは競合メーカーに比べて1ロットの枚数が少ない

 ただしこれは1ロット当たりの枚数が多い自動車や電気製品用PCBの話。OKIサーキットテクノロジーが専門とするのは10層以上の多層で難度の高い基板だ。航空宇宙、社会インフラ関連の機器などで特に高い信頼性を求められる用途だが、これらの機器は生産台数が少ない。同社への発注は8割以上が1ロット20枚以内。1枚の場合もある。製造工程でひんぱんな段取り替えが生じるので各工程を自動化して相互につなぐだけではリードタイム短縮などの効果を十分には得られない。段取り替えの作業も併せて自動化していく必要がある。社長の西村浩氏は「難度の高いPCBの市場は16年以降伸びていて、当社も年率10%以上のペースで成長。増産のため人員を増やしたいが、採用が思うに任せない」と話す。

続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2032文字 / 全文3013文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。