「ハッピーテック」で心を読む 人の感情に応じて「個別最適化」

感情推定技術の発展

感情推定という考え方自体は目新しいものではない。かつてはアンケート調査を実施し、その結果をアナログ集計して人手で解析してきた。現在は、カメラやセンサー技術の発展とCPUの演算能力、データ分析技術やクラウド技術の進化などによって、システムが感情を推定できるようになっている。近未来には感情推定技術が日常生活の様々な空間に溶け込み、推定結果から「その人が求めていること」をリアルタイムにフィードバックできるようになる
閉じる