コロナ禍に伴う「ステイホーム」などにより、米国の日常生活は大きく変わった。仕事や学習、健康管理、娯楽、買い物など、ほぼすべてを自宅で済ますようになった。新興企業を中心に、こうした米国の新日常を支える技術の提案が盛んになっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、米国の人々は日常生活のほぼすべてを自宅で完結せざるを得なくなった。2020年6月には外出制限が徐々に緩和しているものの、第2波、第3波の恐れから、人との接触は極力排除しなければならない。

 この「新日常」を乗り切るため、自宅の内外で新しい製品やサービスをユーザーが使うようになった。コロナ禍を機に誕生したものもあるが、その多くが近年、徐々に浸透してきたものであり、コロナ禍を機に一気に導入が加速している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2234文字 / 全文2589文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。