音の世界、2次元から3次元へ カジュアル3Dオーディオがけん引

多くの企業が3Dオーディオ対応製品やサービスを提供 ハードウエアでは、スマートフォンやサウンドバー、テレビ、ゲーム機などの製品が3Dオーディオに対応するようになり、再生環境が整いつつある。コンテンツのプラットフォームも、映像配信サービスを中心に、音楽配信やゲームなどに広がる(下写真のうちスマホはサムスン電子、音楽配信はアマゾン・ドット・コム、ゲームはSIEとマイクロソフト)

閉じる