全2873文字

2次元から3次元に、電子機器で再生される音の世界が今、大きく変わろうとしている。けん引役は、少ないスピーカーで立体的な音を響かせる「カジュアル3Dオーディオ」だ。既にスマートフォンやタブレット端末、テレビなどが対応し、オンライン配信環境も整いつつある。

 音の世界に今、静かな、だが大きな変革が起きようとしている。音声再生の主流だったステレオが、3Dオーディオ(立体音響)へ変化しようとしているのだ。

 この中核的な役割を担うのが、テレビやヘッドホン、サウンドバーのような手軽な再生機器である。米ドルビーラボラトリーズや米DTSといった音声コーデック開発大手が家電メーカーと共に機器への搭載を進めているほか、ソニーや米アップルなどがヘッドホンでも利用できる3Dオーディオの普及に着手した。米ネットフリックス、米アマゾン・ドット・コムなどの大手音楽・映像配信業者も、3Dオーディオ対応のコンテンツに注力し始めた。

多くの企業が3Dオーディオ対応製品やサービスを提供
多くの企業が3Dオーディオ対応製品やサービスを提供 ハードウエアでは、スマートフォンやサウンドバー、テレビ、ゲーム機などの製品が3Dオーディオに対応するようになり、再生環境が整いつつある。コンテンツのプラットフォームも、映像配信サービスを中心に、音楽配信やゲームなどに広がる(下写真のうちスマホはサムスン電子、音楽配信はアマゾン・ドット・コム、ゲームはSIEとマイクロソフト)

いつの間にか3D

 これまで家庭で3Dオーディオを聴こうとすると、前方左右と正面に3つ、側面と後方に2つずつ、低音用のサブウーハーを1つ、そして天井にスピーカーを4つ配置する「7.1.4ch」など、スピーカーを10個以上使用するのが一般的だった。用意する機材が複雑で、まさにマニア向けのコンテンツと言える。

マニアから大衆へ、豊かな音の表現をより手軽に
音の表現力を高めるために、これまではスピーカーを増やしたり専用のAVアンプなどを追加したりと、機材が複雑化する方向で進んできた。さらに表現力豊かな「3Dオーディオ」を追い求めるともっと複雑になり、マニア以外には普及しなくなってしまう。そこに現れたのが、2chのステレオスピーカーでも手軽に3Dオーディオが楽しめる「カジュアル3Dオーディオ」と呼べる存在だ

 現在、起きつつあるのが、そんなマニア向けだった3Dオーディオを大衆化する3Dオーディオのカジュアル化への動きだ。ポイントは、ユーザーがわざわざ3Dオーディオの専用機器を買わずとも、スマホやテレビなど身の回りにある機器を買い替えれば、いつの間にか利用できる環境が整うということである。

日経ビジネス2020年9月7日号 72~74ページより目次