新型コロナウイルスの感染者が再び増えるなか、いわゆる「3密」を回避する技術の導入事例が増えている。店舗や職場、交通機関で人の動きを可視化し「安心・安全」が担保されれば、経済の動きも活発化しやすい。マーケティングや業務効率のアップに役立つこともあり、導入が進みそうだ。

<span class="fontBold">そごう美術館は入り口と出口の天井2カ所にカメラを設置し、館内の人数を計測している。来館客と従業員を別にして数えることも可能だ</span>
そごう美術館は入り口と出口の天井2カ所にカメラを設置し、館内の人数を計測している。来館客と従業員を別にして数えることも可能だ

 「いらっしゃいませ、どうぞお入りください」

 横浜市西区のそごう横浜店内にある「そごう美術館」。入り口に置かれたディスプレーが緑色に光り、来館客を誘導している。館内の人数が増えると、信号機のように色が変わる。黄色は「ご入場いただけます」、赤色は「入場規制中です」といったふうだ。

 このシステムは7月中旬、館内の「3密」を避けるために導入した。入り口と出口の天井に備え付けた3次元センサーカメラが人の出入りを検知し、館内の人数を把握。約300坪の館内で、少なくとも1坪当たり1人のスペースが確保できるように人数を調整している。美術館の担当者は、「館内は、開放的な百貨店の売り場に比べると閉鎖気味。気にされるお客様もいると考えて、取り入れた」と話す。

「安心・安全」を分かりやすく

 導入したシステムはローカライズ(東京・渋谷)が開発した。2013年の創業以来、小売店向けの人流解析サービスを手掛けてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが減少。そこで、緊急事態宣言が発令された4月に「3密」回避機能を新たに加えた。

 カメラに搭載したAI(人工知能)エンジンが、撮影画像を分析して、人の頭と爪先を認識することで一人ひとりを識別する。また、マスクをしているかどうかや、人の集積度を示す「ヒートマップ」の表示も可能だ。端末側でデータをさばく「エッジ処理」を行うため、映像データをクラウドに保存しない。欧州連合(EU)のGDPR(一般データ保護規則)に対応するなど、プライバシーにも配慮している。

 性別や身長、顔の向き、団体客かどうか、そして長時間滞留している顧客を察知する機能も、マーケティング向けに提供している。例えば、ショーウインドーをのぞき込んだ人が入店した割合や、レジに並んでいる人数を検知して行列の回避などに活用できる。

続きを読む 2/4

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2390文字 / 全文3585文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。