スマートフォンでSIMカードを差し替えずに回線事業者や電話番号を切り替えられるeSIM。対応するスマホやIoT機器が増え、大手通信事業者の寡占に風穴を開けるのに一役買っている。小型チップや完全仮想化技術の登場で、IoT機器の小型化にも寄与している。

[画像のクリックで拡大表示]

 4月に自社回線による携帯電話サービスをスタートした楽天モバイル(東京・世田谷)。開始早々、新型コロナウイルスの影響で店舗閉鎖に追い込まれ、新規契約の9割以上がウェブからの申し込みとなった。これを支えるのが店舗に頼らない契約プロセスの構築だ。

 携帯電話やスマートフォンの契約時に行われるのが、携帯電話事業者や電話番号などの情報が入った「SIMカード」を端末に差し込む作業。大手キャリアではショップ店員が行うのが一般的だ。しかし楽天モバイルオリジナルのスマホ「Rakuten Mini(楽天ミニ)」にSIMカードの差し込み口はない。楽天ミニをWi-Fiにつなぎ、ユーザーに送られたQRコードをカメラで読み込むと、アプリが起動。指示に従って画面をタップするだけで回線が開通する。「eSIM」という新しいタイプのSIMチップが内蔵されているからだ。

iPhoneなど対応端末が拡大

eSIMは小型で耐久性に優れる
●SIMカードとeSIMの比較
<span class="fontSizeM">eSIMは小型で耐久性に優れる</span><br /><span class="fontSizeS">●SIMカードとeSIMの比較</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 SIMカードに記録された情報は書き換えができないのに対して、eSIMは書き換えができる。楽天ミニの場合、楽天モバイルのサーバーにアクセスし、契約回線の電話番号などの情報(プロファイル)をeSIMに書き込んでいる。

 米アップルの「iPhone(XS、XR以降のモデル)」や米グーグルの「Pixel4」など、eSIM搭載スマホが増えている。アップルの「iPad」、米マイクロソフトの「Surface」などタブレットも対応が進む。

 これまで、端末を変えずに通信事業者を切り替える場合は、SIMカードを差し替える必要があり、乗り換えを阻害する要因の一つになっていた。eSIMならユーザーがプロファイルを書き換えるだけで済む。大手キャリアがeSIMサービスの提供を行っていないのに対し、積極的なのがMVNO(仮想移動体通信事業者)だ。回線切り替えのハードルが下がり、新たなユーザーを得やすくなると期待する。

 MVNO大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)は、「データプラン ゼロ」というeSIM向けのサービスを3月から始めた。iPhoneの場合、通常のSIMカードを使った通信とeSIMを使った通信が併用できる。音声通話は大手キャリアをそのまま使い、データ通信だけIIJのeSIMサービスを使うことを提案する。「大手キャリアでeSIM対応のiPhoneを使っているユーザーは非常に多い」(IIJの亀井正浩コンシューマサービス部長)。1GB単位で使えるようにし、料金は1GB当たり450円と低く抑えた。全くデータ容量を使わない月は150円支払えばいい。「大手キャリアで月間のデータ容量の上限に達したとき、IIJに切り替えて使うことを想定している」(亀井氏)

 KDDI傘下でIoT向け無線通信サービスを提供するソラコム(東京・世田谷)は、2月からeSIMサービス「ソラコムモバイル」を始めた。ターゲットに据えるのは海外旅行者だ。

続きを読む 2/3 携帯翻訳機や車載機器にも

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1641文字 / 全文3288文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。