全2683文字

建設ロボットの開発競争が激化している。大手企業による実証が進み、本格的な現場実装のフェーズに移りつつある。ユニークなロボットを開発・活用する事例も出始めた。

●BIM上に資機材位置や人の動き
「ケイ・フィールド」の表示例。高所作業車やフォークリフト1台1台、技能者や技術者1人ひとりの現場内での動きをリアルタイムに把握できる。人の滞留状況を「ヒートマップ」で示す機能も加えた
(写真=鹿島提供)

 ロボットを核に建築生産プロセスそのものの改革を掲げるのが鹿島だ。パイロット現場「名古屋伏見Kスクエア」が2019年9月に竣工。18項目もの新技術やシステムを集中投入した“実験場”での実証を足掛かりに、鹿島はロボット開発に拍車をかける。

 現場内でのモノと人の動きを、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデル上でリアルタイムに把握する──。鹿島が現場適用を進める、IoT(モノのインターネット)技術を活用した資機材位置・稼働モニタリングシステム「ケイ・フィールド」だ。導入するのは、延べ面積8万m2超となる神奈川県内の複合ビルの建設現場。建築生産プロセスを変革して生産性の向上を目指す「鹿島スマート生産ビジョン」のモデル現場だ。

 ケイ・フィールドの仕組みはこうだ。建設現場の“動産”である仮設資機材、技能者や技術者に小型の発信機を、現場内の各層に受信機をそれぞれ取り付け、Wi-Fiを通じて取得したデータをクラウド上のサーバーに送る。工事事務所では、現場内のモノと人の状況を、遠隔から現場にいるかのように管理できる。現場内で作業するロボットの稼働状況などもモニタリングが可能だ。

 スマート生産ビジョンを公表したのは18年11月。「全てのプロセスをデジタルに」、「管理の半分は遠隔で」、「作業の半分はロボットと」という3つのコンセプトを打ち出した。BIMを基軸とした先端ICT(情報通信技術)や各種ロボットの活用と現場管理手法の革新で生産性の向上を目指している。