全2571文字

ゴミを高耐久道路に

 深刻な環境問題として注目を集めるプラスチックごみ。19年6月の20カ国・地域首脳会議(G20)でも議題となった。

 オランダの道路工事会社KWSなどが開発した「プラスチックロード」は、再生プラスチックでできた箱型のモジュールだ。複数のモジュールをタイルのように組み合わせて敷設するだけで道路が完成する。モジュールは軽量で地盤への負荷が小さく、取り換えも容易だ。路面下の空洞部は、排水溝の機能を果たす。