全3089文字

インフラの点検や調査の現場で、業務をサポートするドローンが続々と現れている。水中や管路に潜ってインフラを点検したり、空から地質を見分けたりと、意外な用途でも活躍し始めた。仕事を変革するドローンの最新動向を紹介する。

音波を活用し、ダムなどを点検する
●フルデプスの「水中ドローン」

 近年盛り上がりを見せるのが、水中ドローンの市場だ。従来、ダムなどの水中部の点検は潜水士が目視するしかなく、手薄になりがちだった。水中ドローンは、こうした難題を解決する。

 ベンチャー企業のフルデプス(東京・台東)が独自に開発した「ダイブユニット300」は、深さ300mまで潜れる水中ドローンだ。機体は幅41cm、奥行き64cm、高さ38cmで、重さは約28kg。前面にカメラを備えて水中を自在に動く。1度の充電で4時間調査できる。撮影した映像は、機体から光ファイバーを通じて、水上で待機する船にリアルタイムで伝送する。沖縄県内のダムの点検をはじめ、50件を超える実証試験を実施。2019年4月には3億4000万円の資金調達を決め、販売を開始した。

 水中ドローンが稼働する現場には、空とは全く異なる過酷さがある。その最たるものが水の濁りだ。フルデプスの伊藤昌平社長は、「ダムの濁った水の中では、わずか数メートル先が見えないことがある」と説明する。潜水士が潜っても視界がほとんど確保できず、点検する場所を探すところから始めなければならない。

「第2の目」も搭載

 そこで「第2の目」として音響を使った探査装置を搭載。構造物や海底に当たってはね返った音波を解析して可視化する。これにより濁水の中でも約100m先まで見渡せるので、点検したい場所へスムーズにたどり着ける。水中にはGNSS(衛星による測位システムの総称)の電波が届かないので、自機の位置も音響で推定。位置の誤差は船と機体との距離の1~5%程度に収まる。

 拡張性の高さも魅力の1つだ。約2kgの積載量があり、現場の条件や点検対象に応じて様々な機材を積み込める。例えば、あるダムの点検では蛍光染料を発射する機械を搭載。潜水士がひび割れに染料を注入して漏水の有無などを調べる方法があり、それを踏襲した。「機体からソフトウエアまで一貫して自社開発しているので、利用者の要望に応じて自在にカスタマイズできるのが強みだ」(伊藤社長)

 ダムをはじめとする水中部を持つインフラの点検は、難度やコストが高く、手薄になりがちだった。国土交通省は19年2月にダムを対象とした「水中部点検におけるロボット活用マニュアル」を作成するなど、新技術の導入を積極的に推進している。

日経ビジネス2020年1月6日号 70~72ページより目次