ものづくりではこのところ、「低価格の自動化」が進んでいる。具体的な方法はいろいろで、各社の強みを生かす取り組みが目立つ。日本企業がアジアで展開する最新工場の事例からその取り組みを探った。

自動化の設備を自社で設計・製造する
UMCエレクトロニクス中国・東莞工場のプリント回路基板実装ライン
工場内は自社開発した自動機が並ぶ。専門メーカーから購入した設備以外は自社で開発・製作している(写真=UMCエレクトロニクス提供)

 EMS(電子機器製造サービス)を手掛けるユー・エム・シー・エレクトロニクスの中国・東莞工場(三和盛電子制品=東莞=有限公司)は、同社のマザー工場として、生産技術を開発・改良して自らに適用するとともに、日本国内を含めた他の工場に生産技術を展開する役割を担う。EV(電気自動車)用の充電器、DC/DCコンバーターをはじめとする車載機器を扱い、顧客の自動車部品メーカーと製品開発の初期段階から共同で工程を設計し、生産設備を整える。これまで多様な製品の生産を担った経験から、顧客の要望に合わせて多様な工程と設備を提案できるのが強みだ。

必要な機能に絞り自社製造

 強みを追求する中で、同社は自動装置やAGV(無人搬送車)、治工具、からくりを応用してワークを扱う装置、部品トレーなどを自ら設計・製造する取り組みを推進。ムダをなくした低コストのラインを構築し、進化させてきた。同社はこれをLCA(ローコスト・オートメーション)と呼んでいる。

 同社製造本部生産技術センター室長で中国区域副董事長の王洪忠(ワン・ホンツォン)氏は「市販品の生産設備のみでラインを構成するのでは、過剰な機能が付いてしまう。それでいて、使いやすくしたりエラー時に対応したりするための『お守り機能』を加える。これでは償却負担が重くなって、顧客の要望を十分に満たせないと考えた」という。必要な機能のみに絞って操作を容易にしたLCA設備を自ら造る。

 自社開発のLCA設備には、ワークごとに臨機応変にラインを構成したり、不具合が生じた際にすぐに装置や部品を交換したりできるメリットもある。このメリットをさらに引き出すため、東莞工場は装置のモジュール化を図っている。具体的には装置をプラットフォーム部とアタッチメント部の2つの部分で構成する方式にしている。

自動機のモジュール化
ワーク台の高さ、装置の横幅などを統一し、ラインの構成、変更、保守などを容易にした。左の装置は主にPCB実装ラインに使っている。右は車載機器組み立てラインなどに適用している装置で、外板を透明にして中が見えるようにした(写真=UMCエレクトロニクス提供)

 プラットフォーム部は、ワークの搬送など工程によらず共通に必要な機能を持たせる部分だ。ワークを扱う台の高さをそろえて装置同士を連結し、ワークを直接受け渡しできるようにする。装置の幅は共通化し、プラットフォームごと交換したり、メンテナンスしたりするのを容易にした。ラインを一部変更する場合などは幅の同じプラットフォームを用意しておき入れ替える。ラインから外したプラットフォームは整備した上、他のラインへ投入できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1804文字 / 全文2867文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。