内燃機関に比べてモーターの方が静かなこともあり、eVTOLは「エアタクシー」や「空のライドシェア」といった都市内や都市近郊の短距離の移動に向いている。自動車のライドシェアに比べると移動時間は数分の1になり、コストはいずれ同額以下になる可能性がある。その結果、利用者が急増して、市場が一気に成長するかもしれない。このため航空業界やMaaS関係者、投資家などから熱い視線を浴びている。

 ドイツ・ポルシェ傘下のポルシェコンサルティングの予測によれば、25年からeVTOL機を利用したモビリティーサービスが始まる見込みだ。eVTOL機の数は35年に約2万3000機となるとしており、同サービスなどを含めた全体の市場規模は320億ドルに成長するとみられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1753文字 / 全文2726文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。