全2745文字

ジェネレーティブデザイン

 設計のジェネレーティブデザインではコンピューターを活用することによって、顧客の求める条件を満たした最適な形状を自動作成する。この手法を導入することによって、カスタマイズの向上と同時にリードタイムの短縮を図る。

設計と生産の両面から取り組む
●マスカスタマイゼーションを加速する技術

 例えばMINIでは、ウェブブラウザ上で顧客がデザインを決めることができるが、ここにはジェネレーティブデザインが取り入れられている。顧客は色や凹凸パターンの種類・大きさなどを選択するほか、配置するテキスト情報の内容、その大きさや位置を任意に設定できる。こうして完成したデータがBMWの工場に送られ、部品の生産に利用される。