全2522文字

「EV(電気自動車)シフト」に押され風前のともしびと見られていたFCV(燃料電池車)。特定の用途で市場が急激に立ち上がり、慌てた日本メーカーが後追いする事態になっている。今後、どのような用途で実用化がさらに進んでいくだろうか。

 ここ1~2年、LIB(リチウムイオン2次電池)やLIBを搭載したEV(電気自動車)が社会的な脚光を浴びる中、水素を使ったFC(燃料電池)やFCV(燃料電池車)は「もう行き場所を失った」という見方が2次電池を開発する技術者や研究者に広がっていた。しかし、これに反するように、FCの利用が急激に拡大している。