熟練技能者の高齢化や人手不足から、ものづくりの現場で技能継承への危機感が強まっている。そこで期待されているのが、ベテランの技やノウハウを正確に抽出して伝えるデジタル技術だ。感覚ではなく数値で、文字ではなく映像でノウハウを伝える。

●スマートフォンで金型の仕上げの良否を判定する
中山鉄工所では、金型の仕上げの状態をスマートフォンで撮影し、その良否をAIで判定するシステムを試験的に採用。スマートフォンで撮影した金型の画像で、「NG」の部分は赤色に、「OK」の部分は青色で表示される

 「若手社員はそれぞれ得手不得手や作業効率のばらつきなどがある。スマートグラス(カメラとディスプレー、プロセッサーなどを搭載する眼鏡型コンピューター)やAI(人工知能)を活用して技能継承ができれば、若手社員の実力を底上げできると考えた」

 こう話すのは中山鉄工所(岡山県倉敷市)の中山光治社長だ。同氏はデジタル技術を使った熟練技能者の技能を継承する取り組みに期待する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2539文字 / 全文2855文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。