電力を非接触でEV(電気自動車)に給電する研究が進んでいる。その先には、走りながら必要な電力を得る「走行中給電」を見据える。架線から電力を給電する方式などの研究も進行中だ。

 EV(電気自動車)は充電技術の選択次第で将来性が大きく異なってくる。既定路線の「ケーブル充電」方式の場合、今後さまざまな矛盾が噴き出し、完全自動運転が本格化する2030年ころに行き場を失うという見方が強い。

ケーブル充電によるEVは近い将来、 行き場を失う可能性がある
ケーブル充電はガソリン車の給油イメージを継承した充電方式。ケーブル充電に基づくEVでは、電池の大容量化が避けられない。その結果、近い将来、多くの課題が噴出し、EV普及の大きな阻害要因になる可能性が高い。

 ケーブル充電の課題は、直近のものと将来的に深刻になりそうなものに大別できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2990文字 / 全文3238文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。