次世代半導体の国産化計画が立ち上がった。関係者が横並びで資金を出す奉加帳方式には、全員の同意を取り付けなければ計画が認められないという厳しさがある。

 次世代半導体の新会社、Rapidus(ラピダス)は回路線幅2ナノ(ナノは10億分の1)メートルを使った半導体の量産技術を開発する。5年後の2027年にはファウンドリー(製造受託会社)として事業化を目指す。

 「最先端のロジック半導体の量産拠点を失ったことがデジタル産業の衰退を招いた。次世代半導体の製造基盤を確立すれば、ユーザーの競争力向上に役立つ」。経済産業省の担当者は、量産に向けた研究開発プロジェクトの採択先にラピダスを選び、700億円を助成する理由をこう語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1214文字 / 全文1533文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。