政府は社会人の学び直しや生涯教育に3年間で4000億円を投じるが、働き手の学ぶ意欲は高まるだろうか。本当に必要なのは従業員に新しい挑戦や環境を与え続けることだ。

 このほど政府が閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太の方針)」は、人への投資を全面的に強調する内容だった。社会人の学び直しや、デジタルなど成長分野への労働移動、生涯教育などに3年間で4000億円を投じる計画だ。

 デジタル化やグローバル化の進展で、企業の事業環境は目まぐるしく変わっている。従業員に対して仕事に必要な知識や技能のアップデートを促していく必要があるだろう。だが、いくら政府や企業がかけ声をかけても、働く側に勉強する気がなければ何も変わらない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1172文字 / 全文1499文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。