お酒の飲み方が多様化する一方、アルコール摂取量に対する規制が厳格化している。このままお酒の市場は縮小するのか。関連企業は新たなマーケティング発想が必要になる。

 「適正飲酒に対応しないと『社会で存在が許されなくなっていく』という危機感はある」。スマドリ(東京・墨田)の梶浦瑞穂社長は言う。

 同社は「お酒を飲まない・飲めない」消費者に焦点を当てたマーケティングやコミュニケーションを行うために、アサヒビールと電通デジタルが1月に設立した会社だ。アサヒは20~60代が分布する国内人口約8000万人のうち、半数の約4000万人はお酒を飲まない・飲めない人と推計。この層にアプローチする手段を模索中だ。

 梶浦社長は電通デジタルと組んだ理由について「ビール会社としてお酒を飲む人の気持ちはよく分かるが、飲めない・飲まない人のデータがなく、この層を十分に理解できなかったから」と説明する。

 スマドリが掲げる目標は、酒類メーカーにとってのフロンティアとなる4000万人市場の開拓。低アルコールやノンアルコールの新商品の開発に役立つデータを集めて分析する役割を果たすという。

 適正飲酒は社会的な要請になりつつある。1月6日にビール大手4社(キリンビール、アサヒビール、サントリービール、サッポロビール)が一斉に事業方針説明会を開催して「ビールの再成長」を掲げた。このとき同時に適正飲酒に対する取り組みの強化も力説した。SDGs(持続可能な開発目標)の観点から飲酒事故や健康障害など、アルコール問題への対応が不可欠となったからだ。実際、アルコールは規制強化の方向に進みつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り808文字 / 全文1495文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。