この記事は日経ビジネス電子版に『「いりこだし」から考える、鉄の城下町・呉再生のヒント』(10月5日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』10月11日号に掲載するものです。

日本製鉄の瀬戸内製鉄所呉地区の高炉が9月末に止まった。2023年には呉地区全体が閉鎖する。地域のシンボル、高炉の火が消えた鉄の町に再生への希望を見いだしたい。

 終戦から6年後の1951年、戦艦大和を建造した旧日本海軍呉工廠(こうしょう)跡地に呉の製鉄所は建設された。それ以降、「鉄の町」として栄えてきたが、“城主撤退”の試練に直面している。運営する日鉄は国内の鉄鋼需要縮小や中国の鉄鋼メーカーに対する競争力を高めるため国内粗鋼生産量を減らす決断をした。呉の高炉が再び稼働することはない。

 呉の製鉄所では高炉休止前、日鉄とその協力会社で約3000人が働いていた。高炉が止まることにより半数の1500人が影響を受ける見通しで、日鉄は社員についてはグループ内の他の製鉄所への配置転換で対応し、協力会社も他の製鉄所で仕事を受けられるように配慮するという。

 とはいえ、引き続き地元の呉で働くことを希望する日鉄社員は多い。また、不案内な土地で新たに拠点を構えようとする事業者は少ない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1103文字 / 全文1639文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。