脱炭素の要となる水素インフラで日本は世界をリードする。技術で先んじ、事業で負ける。この負の歴史を繰り返さないためには、官民タッグの周到な戦略が不可欠だ。

 在りし日の中曽根康弘元首相に取材したことがある。当時既に92歳の高齢だったが、政界を退いてもなお、我が事のように日本の行く末を案じ続けていたのが強く印象に残っている。

 終戦から76年を迎えた太平洋戦争。中曽根氏は、そのただ中に身を置いていた。戦中、海軍主計中尉として前線のボルネオ島に赴き、壮絶な海戦を経験。戦争の悲劇を肌身で味わった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1394文字 / 全文1648文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。