この記事は日経ビジネス電子版に『半導体「ぱつんぱつん」いつまで、在庫余力で見劣りするルネサス』(8月9日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』8月16日号に掲載するものです。

半導体不足による生産の混乱は自動車、スマートフォンやパソコン、夏には必須のエアコンにも及んでいる。半導体メーカーの生産や在庫の実情はどうなのか。

 「1日でも、1つでも早く製品をユーザーに供給して、現在のタイトな状況を緩和したい」。国内半導体大手、ルネサスエレクトロニクスの柴田英利社長兼CEO(最高経営責任者)は7月29日の決算説明会で3月に火災が発生した那珂工場(茨城県ひたちなか市)の生産回復に努めることを強調した。

 半導体不足は一時的な需給ひっ迫ではなく、世界的なリモートワークの浸透や自動車の急速な生産回復、半導体受託製造会社(ファウンドリー)への生産集中など需要と供給両面の様々な要因が絡んで起きた。世界の半導体市場は2020年の約51兆円から30年に100兆円まで拡大するとの見通しがある一方で、生産能力は足りていない。

 ルネサスの決算資料から、在庫がどれくらいの日数で入れ替わるかを示す「在庫回転日数」を計算すると、21年4~6月期は約81日となった。3年前の18年4~6月期の約109日からは1カ月近く短い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1216文字 / 全文1779文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。