日本の素材スタートアップが韓国大手企業から100億円超の出資を受け入れる。技術力が高く評価された格好だが、国内の新興企業のエコシステム(生態系)の課題も透けて見えてくる。

 7月2日、TBM(東京・中央)は韓国SKグループから135億円の出資を受けると発表した。今回の資本業務提携で、SKグループはTBMの株式の1割を握ることになる。ベンチャーキャピタル(VC)を除く、海外からの巨額資本の受け入れは珍しい。

 2011年創業のTBMは、プラスチックや紙の代替材料「LIMEX(ライメックス)」を手掛ける。石灰石などの無機物を50%以上含んだ樹脂との複合素材で、石油由来のプラスチックに比べて製造時のCO2排出量を削減できるのが特長だ。「脱プラ」の動きが加速する中、国内ではレジ袋などの用途で6000以上の企業や自治体に提供している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1308文字 / 全文1682文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。