硬直化した人事制度にメスを入れる銀行が増えてきた。次代を担う若手をどう取り込むか、各行が知恵を絞る。銀行に染みついた文化をどうつくり替えるかが鍵を握っている。

 「この調査結果を長官が知ったら激怒するのではないか」

 2017年ごろ、銀行業界で話題に上った調査がある。転職求人サイト大手、パーソルキャリアが定期的に発表している転職理由ランキングだ。

 これは同社が提供する転職サービス「doda(デューダ)」で転職を希望する人を対象にその理由について調査しているもの。職種別、業種別などで転職理由のランキング結果を出しているが、金融業界のみ毎年、転職理由の上位10位以内に「顧客のためになる仕事がしたい」がランクインし続けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1324文字 / 全文1645文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。