歴代政権にとっての鬼門、後期高齢者医療制度の見直しが年末に迫る。先送り・骨抜き観測が根強い中、痛みを伴う改革に踏み込むか。菅政権の姿勢と本気度を占う節目になりそうだ。

 横浜市はこの夏、予定していた水道料金の引き上げを延期した。一般家庭向けの料金で月200円ほどの値上げだったが、時はなおコロナ禍だ。200円の位置づけは「たかが」より「されど」。今、家計の負担増につながる施策は延期やむなしの判断へ傾いた。

 2021年4月の値上げ予定だったが、ひとまず7月まで延期。これも、是が非でも守るデッドラインとは考えておらず、コロナ禍の深刻さが今後また増した際には、再延期も視野に入れているという。横浜市の水道管は敷設から40年を超えたものが4分の1程度あるが、老朽インフラの更新よりも家計圧迫への批判を回避したい。そんな思いが先立った形だ。

 政策の妥当性は現時点では分からないが、言えることは、景気回復が遅れ、会社員にとってはこの冬のボーナスの大幅カットが迫る中、人々が負担増に相当敏感になっている現実があること。そして、たとえ中長期的に必要な施策であっても、気安く負担増は求めにくい環境へ変わったことだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1172文字 / 全文1681文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。