強硬路線をとる中国に菅義偉新政権はどう対峙すべきか。人気のテレビドラマ風に言えば、「やられたらやり返す」姿勢はもう少しあっていい。ただ、過激な言葉の応酬や「倍返し」は不要だ。

 「日本は、必ず中国が味方に引き入れておくべき相手」「日本が、ワシントンの対中政策と距離を置くように持っていくことは、価値のあることだ」

 中国共産党系のメディア「環球時報」は、安倍晋三前首相が辞任を表明した翌日の8月29日、社説で日米を離間させる必要性をあからさまに説いた。

 歴史を振り返れば、中国は米国との関係が悪化するたびに、日本への接近を繰り返してきた。今回も日本に揺さぶりをかけようとする意図が透けて見える。とりわけ菅義偉新首相は“親中派”として知られる二階俊博幹事長の援護を受けて党総裁に就いた。中国には、この機に乗じて、新政権を中国寄りへと動かそうとする思惑がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1308文字 / 全文1693文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。