全1697文字

菅義偉氏が首相として日本のかじ取りを担う。アベノミクス「第3の矢」である成長戦略を今度こそ実行できるのか。抜本改革の真の壁は雇用問題だ。強い突破力が問われる。

 「(安倍晋三政権の)アベノミクスの継承と進化」。自民党の総裁選で菅氏は、こう訴え続けた。アベノミクスの柱は、デフレ解消のための「大胆な金融政策」(第1の矢)、公共投資などで需要を作る「機動的な財政政策」(第2の矢)、そして規制緩和など経済改革を中心とした「民間投資を喚起する成長戦略」(第3の矢)の3本の矢と称するものだ。

 確かに実質GDP(国内総生産)は、第2次安倍政権発足時(2012年末)の499兆円から19年には533兆円に増え、株価も跳ね上がった。だが、多くは第1と第2の矢によるもので、経済の抜本改革による第3の矢は、法人税引き下げなどわずかなものにすぎなかった。