新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。既に個人消費を中心に経済への影響が出ているが、今後は製造業などにも波及しそう。日本企業も中国経済の急減速に備えるべきだろう。

 中国・上海に駐在するある日本のメーカー社員は、春節(旧正月)の休暇を利用して、家族と中国国外へ旅行に出かけた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、1月下旬に旅行先から上海に戻ってくると、自宅マンションに1枚の紙が貼ってあった。

 「上海の外に出て戻ってきた人は、マンションの管理会社に届け出て、15日間、自身を隔離すること」

 聞けば旅行中に上海市から出た指示を受けての張り紙だという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1377文字 / 全文1666文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。