全1673文字

2016年にシャープを買った台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業トップの郭台銘(テリー・ゴウ)氏が次期総統選への出馬を表明した。台湾きってのカリスマ経営者は本当に総統になるのか。

 2020年1月11月に予定されている台湾の次期総統選。16年に民主進歩党(民進党)に奪われた政権の座を奪還したい国民党に強力な候補者が現れた。

 「(総統選の公認候補者を決める)予備選に参加する」。4月17日にこう宣言した郭台銘氏だ。売上高19兆円、従業員数100万人の世界最大のEMS(電子機器の受託製造サービス)、鴻海精密工業を一代で築き上げたカリスマ経営者だ。