しわ寄せ世代は幸せか

 実は私も氷河期世代です。バブルの残り香が漂う頃に社会人になり、「失われた30年」とともに会社人生を過ごしてきました。バブル入社組と比べると同期は半分で、ポストがなかなか空かない。後に続く後輩はもっと少ないので、いつまでたっても雑務から解放されない。氷河期世代のサラリーマンに共通する悩みではないでしょうか。

 今号の特集は「氷河期世代をなめるな」。採用抑制のしわ寄せを食らったこの世代が今春、4大卒なら全員40歳以上になりました。しかし会社や社会の中核を担うべき世代に元気がありません。PwCコンサルティングの調査によると、40代は50代と並んで「幸福度」が最も低い世代です。

 一方、同調査によると労働生産性が最も高いのも40代。特集のアンケートでは氷河期世代についてバブル世代から「気概がない」だの、ゆとり世代から「熱意が薄れている」だの言われていますが、ここは世代を代表して「なめるな」と言いたい。

 「24時間働けますか」のバブル世代と違い、ワークライフバランスを向上させてきたのは氷河期世代。仕事への熱意も下の世代には負けません。同志たちよ、そろそろ我々の出番です。

(磯貝 高行)

次ページ 新生ZHDはどう成果を出せるのか