最強のマーケターの価値観

 「マーケティングとは価値観だ。顧客に伝えるべきは商品の性能や他社より優れている点ではなく、我々が何者で、何のために存在しているかだ」

 1997年、スティーブ・ジョブズ氏が倒産の危機にひんしていた米アップルに復帰し、新しいマーケティング戦略を打ち出した時の言葉です。「アップルはブランドを取り戻さなければならない」。この時の15分間のスピーチは、世界のマーケターにとって伝説になっています。アップルはその後、iPodやiPhoneを世に送り出し、大復活を遂げます。

 今号の特集は「勝ち組企業のCMOが選ぶ 最強のマーケター」。主要企業37社のマーケティング責任者が選ぶ「マーケティングに革新を起こした経営者」のランキング1位はジョブズ氏でした。表紙タイトルを借りれば「最強のマーケター」です。

 マーケティングという言葉は日本ではかつて「市場調査」と同じ概念で語られていました。しかし市場調査嫌いのジョブズ氏は「顧客が何を望むか、それを顧客本人より早くつかむのが我々の仕事だ」と言い切ります。「人々はみんな、実際にそれを見るまで、それが欲しいかなんて分からないんだ」。マーケティングの奥深さを感じます。

(磯貝 高行)

続きを読む 2/2 作品が生まれる背景が垣間見える
日経ビジネス2021年10月18日号 100ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点/取材の現場から」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。