「『ガラケー』と呼ばれるのはとても不愉快」。10年ほど前、NTTドコモの『iモード』の名付け親、松永真理さんにそう言われました。

 2000年代まで通信会社とメーカーの二人三脚で『iモード』や『写メ』などの機能を次々に生み出した日本の携帯電話。その後、外来種であるスマートフォンに駆逐されますが、生物が独自の進化を遂げたガラパゴス諸島にちなんで「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と呼ばれるようになりました。

 実は日本勢も当時、ガラケーで世界に挑みました。ドコモが各国の通信会社に出資し、富士通やNECとiモードの輸出を狙いました。しかし各国の通信政策の壁に敗れ、撤退します。

 その失敗をよく見ていたのが米アップルです。通信会社に従属しないスマホ文化を作り上げ、世界中のコンテンツがスマホに依存するプラットフォーマーのモデルを構築します。

 今週号の特集は「日本勢は『ガラゲー』か?~ゲーム進化論」。世界中から1億人以上のユーザーをいっぺんに集める巨大ゲームが続々と生まれています。中にはアップルに反旗を翻す新しいプレーヤーも登場しています。

 しかしそこに日本勢の姿はありません。日本のお家芸といわれたゲームですが、その進化の過程はかつて携帯電話が歩んだ道と重なります。

 なぜiモードは世界標準にならなかったのか。冒頭の松永さんはこう答えました。「日本にスティーブ・ジョブズがいなかったから」。世界のルールを変えるゲームチェンジャーの登場が待たれます。

日経ビジネス2021年9月27日号 7ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。