今号の編集長インタビューに登場するサントリーホールディングスの新浪剛史社長が、かつてハーバード大学経営大学院で学んでいた時の話。企業文化を学ぶコースに、トヨタ自動車、松下電器産業(現パナソニック)、ソニー、フォード・モーター、ゼネラル・モーターズ(GM)の経営幹部が登壇して、それぞれ企業理念を語ったそうです。

 「フォードとGMの話はほとんど一緒でしたが、トヨタも松下もソニーも会社のミッションやバリュー、ビジョンが全く違う。社風ですね。経営陣がそれを語れない会社はだめだと思いました」。サントリーの創業精神を伝承する新浪さんの原点です。

 今号の特集は「良い社風、悪い社風」。企業不祥事が起きるたびに「内向きの企業風土を変える」、「上にものが言えない社風を改める」など反省の弁が繰り返されます。しかし、それが徹底されているのかは疑問です。

 社風とは本来、創業精神が脈々と受け継がれ、経営理念として社員の行動原理に浸透したものであるはず。「悪い社風」があったとしても「悪い創業精神」はありません。

 株主の議決権行使に介入した東芝の経営理念の中には「誠実であり続ける」、検査不正を隠蔽した三菱電機には「社会と顧客の満足が得られる製品・サービスを最高の品質で提供する」という言葉があります。現在の社風との断絶を感じざるを得ません。

 創業精神を繰り返し語り、社員に浸透させるのが経営トップの重要な役割です。あなたの会社の創業精神、言えますか?

日経ビジネス2021年8月16日号 7ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。