「シャープの天理工場の裏には古墳のような山があるらしいよ。大量の液晶の不良品を廃棄してできた山が」

 1990年代前半。ある電機メーカー幹部が言ったこんな陰口を思い出します。高精細な液晶はブラウン管に代わる夢の表示装置。生産困難で、当時は歩留まりが半分を少し超えたぐらい。最大手のシャープはさぞ不良品が出るだろう、とささやかれていたのです。もちろん陰口を言った会社も同じ状況。各社は低い歩留まりに悩みながら夢を追っていました。当時の日本勢のシェアは約9割。世界を席巻していました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り405文字 / 全文648文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。