時間が経つほどに私の資産はなくなり、借金が増えていった。生来、自分の懐についての金銭感覚を欠いていたとはいえ、毎月、自己破産へのカウントダウンがゼロに近づいてくることは、脳裏のどこかで雑音のように浮かんでは消えていた──。

 インターネットイニシアティブ(IIJ)会長の鈴木幸一さんは創業当時のことを自著にこう書かれています。1994年に日本で初めて商用インターネット接続サービスを始めたIIJ。日本にネット文明の光をもたらした立役者も最初は挫折と背中合わせの暗闇にいました。前例のないサービスに役所からの認可が下りず、出口の見えない日々。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り337文字 / 全文610文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。