「選挙の票って本当にお金で買えるの?」

 子供のころに不思議に思っていた疑問をふと思い出し、国会議員の秘書を長年勤めていた友人にぶつけてみました。いくらお金を贈っても、投票所で本当に名前を書いてくれているかどうか確認のしようがないと私は思っていたのです。替え玉投票にも数に限度があるでしょう。いったいどうやって特定候補者への投票を担保しているのか。

 「そんなの簡単だよ」。友人は古典的な手法のひとつを教えてくれました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り415文字 / 全文627文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2019年2月25日号 7ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。