取材中でした。おなじみの笑顔が見る見るうちにこわばり、手に持った飲み物の器をソファの肘掛けにたたきつけて怒りをあらわにしました。その人はソフトバンクの孫正義さん。

 10年ほど前のことです。孫さんは光回線の価格破壊を狙い、ソフトバンクがNTTから借りる回線料金が高過ぎると主張していました。私が「孫さんは投資もせず、ただ回線を安く借りて、さやを抜いているだけではないか」と批判したことが怒りの原因でした。

 「100年後の教科書に載りたいんだ」。怒りの中で孫さんはこう言いました。世界に高速通信網を築いた功労者として坂本龍馬のようになりたいと。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り366文字 / 全文641文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。