もう9年もたちました。2010年1月19日。日本航空(JAL)は会社更生法の適用を申請しました。なぜ経営破綻したのか。いくつもの要因が絡み合いますが、その一つに日本エアシステム(JAS)との統合・合併があります。

 01年にJASとの経営統合を決めたJAL。「全日本空輸(ANA)を引き離すチャンス」と前のめりになる取締役が多い中で、「時期尚早」と異議を唱えていた取締役が一部にいました。JASは01年3月期に最高益でしたが、過去の不振で累損を抱え、ANAへの身売りを東京三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)から勧められるほど。ANAとの秘密裏での交渉は破談していました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り358文字 / 全文644文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。