[画像のクリックで拡大表示]

 「カネが諸悪の根源だというのは、正しいようでいて正しくない。カネを扱う時には、人間の本性が露呈しがちだという、それだけの話だ。」

 日経ビジネスオンラインの連載コラム第1回に、小田嶋隆さんはこんなセリフをぶつけてくれた。

 2008年10月31日に始まった「ア・ピース・オブ・警句」の連載はすぐにこのウェブサイトの看板コラムとなり、日経ビジネス電子版にも引き継がれて、22年4月8日までの13年6カ月で631本の原稿を世に問うた。今お読みの日経ビジネスの「pie in the sky」でも、14年1月13日号から連載が始まり、8年と3カ月の間に221本の原稿を頂いた。

 自分は2つのコラムの立ち上げと編集、そして2冊の単行本の仕事に携わった。大変でしょう、とよく言われたが、小田嶋さんはどんなに自分に都合が悪いときでも、必ず電話に出てくれる方だった。なので、仕事はスリリングだが楽しかった。

 そんなご縁から、今回、追悼文を書くよう業務命令を受けた。

 とんでもないことだ。

 名コラムニストを愛する人はやはり名文家が多く、ネットを検索すれば「おお、小田嶋隆の文章の魅力とは、そういうことだったのか」と唸るしかない、見事なテキストがたくさん読める。そして私は自分のできることの限界を知っている。

 なので、個人的なことを書く。

 私は『我が心はICにあらず』(1989年、光文社文庫)を夜行列車で読み、「自分の笑い声を押し殺しきれない」体験をして以来の小田嶋さんファン。どこが好きって、言葉のバラエティー、使い方の巧みさ、話の飛ばし方、最後は盲点のど真ん中に着地してみせる切れ味。一例を引用しよう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り869文字 / 全文1576文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。