(イラスト=小田嶋隆)
(イラスト=小田嶋隆)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は、国民生活のいたるところに及んでいる。年金受給額の減額もそのうちのひとつだ。で、このほど、自民・公明両党は、ただでさえ生活に窮している年金生活者への支援策として「臨時特別給付金」を支給することを岸田文雄総理に要請した。ところが、これが意外に悪評が高かったりする。どうしてなのだろうか。

 思うに、理由は支給のタイミングと、5千円というその金額にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1041文字 / 全文1244文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。