(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)
[画像のクリックで拡大表示]

 桜が咲いている。3月半ばの春風に呼応して、一気に開花した。1週間もすれば、満開になるだろう。

 咲いているのは、10年ほど前、近所の地下鉄の駅前広場に街路樹として植えられた比較的若い樹木だ。地元では「安行桜」と呼ばれている。そのピンク色の花をつける早咲きの園芸品種は、例年、ソメイヨシノに比べて半月ほど早い時期に開花する。

 桜の話を振っているのは、ウクライナ危機に触れたくないからだ。

 じっさい、戦争関連のニュースに疲弊しているのは、私だけではない。少なからぬ数の日本人が、遠い国の血なまぐさい戦争をネタにした話題にうんざりしているはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り930文字 / 全文1209文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。