(イラスト=小田嶋 隆)
(イラスト=小田嶋 隆)

 政府が年末に予定している「国家安全保障戦略」の改定で、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、対ロ戦略を見直す方針を固めたらしい。たしかに、昨今のウクライナ情勢を眺めるに、見直しは必然だろう。国際社会が足並みをそろえて対ロ制裁を発動している時に、わが国だけが、これまで通り、ロシアを「パートナー」「友好国」として扱っていてよいはずがないからだ。

 で、政府は、今後、ロシアを、北朝鮮や中国と同じ「国家安全保障上の課題」として定義するのだという。これまた当然だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1000文字 / 全文1236文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。